【押忍サラリーマン番長】の設定状況、リセットや設定6の台は入っているのか?

 

狙い目となるのは偶数設定挙動の多い店

 

押忍サラリーマンは他機種と比べて明らかに高設定投入率が高い。設定状況は日常営業でも設定6を投入するホールが多いという口コミ情報がある。

 

設定6を使わなくても設定4を多用するホールも少なくなく、設定3や設定5の使用頻度の低さをふまえると、設定4か6に狙いを攻めた立ち回りが現状ではベストと言えそうだ。

 

また、期待値を煽るためと、番長3を全台リセットされる傾向も強く、集めた情報では、毎日50%の台をリセットするとのこと。

 

それ故、宵越し天井は狙いづらくなるが、全台リセットの店ほど高設定を投入している傾向も見られたので、その旨も立ち回りの参考にしたい。

 

もちろん、全台リセットといえども、同一設定の打ち直しもアリ。本機の設定6は据え置かれるケースもかなり多いようなので、そういった意味でもリセット挙動=設定変更と捉えるのは危険である。

 

出なかった時、或はものすごく出た時、どのタイミングで据え置かれるかはホールによって異なるが、そのクセを熟知しておけば設定6奪取率は一気に高まることだろう。

設定4or6に狙いを定めるのが吉!

平日通常営業でも設定6を投入するホールはあり、設定6はなくとも設定4を多用するホールも多く存在するが、注目すべきは設定2使用率の高さ。設定6以外の稼働低下を防ぐためにと思われるが、それは即ち偶数設定の挙動が多い=設定6投入の可能性大ということだ。

 

 

全リセを行っている店ほど高設定を投入している傾向も見られる?

奇数設定は暴れやすいと認識しているホールが多いからか、設定3&5の使用頻度はかなり低く、設定3はほぼ使われていないと考えてOK。

つまり、奇数設定の挙動を示した場合は設定1を疑うべき!といえるだろう。また、本機は全台リセットされる傾向が強いため、宵越し天井を狙った立ち回りには不向き。同一設定の打ち直しも珍しくないようだ。

 

設定6に対する印象

多い店では月の半分ぐらい設定6を使用することも・・・

 

設定6の使用頻度は平均して8.6日。旧イベントなどの特定日や月初めor月の中旬などに使われやすく、その際は目立つ場所や凹み台など比較的分かりやすい場所に入れられやすい傾向があるという。また、極端に出たり出なかったり、途中で打ち手に捨てられやすいといった意見も印象的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です